海開きの時期

だいたい7月中旬からスタート

台風5号が近づいてきているようですが、今年もそんな季節になりました。
あと1ヶ月もすればいよいよ海開き!夏の到来です!
そんな気になる海開きの時期を見ていきましょう♪

関西でも関東でも、多くの海は7月中旬に海開きをします。
7月になればするところもあるので、7月1日~7月15日、といったところがほとんどです。

その年の平均気温に影響を受けますので、ある程度の水温が連続して保てるようになれば海開きをします。
2018年は冬が長く春が短い印象でしたが、夏はしっかりと暑くなるようす。
毎年そんなふうに言っていますがw
来る夏に向けて、しっかりと準備をしていきましょう。

実は年中、海は開いている

海開きというと、それまでは海に入ってはいけないのかとなりますが、実際は年中いつでも海に入ることができます。
ただし海開きを宣言している期間以外は、特に管理がされていない期間ということになります。

例えば海の家や公衆トイレ、ライフセーバーや管理人、ビーチの清掃やクラゲやサメ対策のネットなどなど。
シーズンinしないとこれらがされていませんので、海開きに合わせてみんな海に行くんですね。
どんなに混んでいても、やっぱり海はそういうの全部ひっくるめて雰囲気ですからね♪

やっぱり車がオススメ

一部のビーチでは駅近なところもありますが、やはり基本は車があったほうが便利でしょう。
行く前や後の着替えなどにも使えますし、海で開放的になったあとには車のほうがなにかとリラックスもできます。
車を持っていない人も、レンタカーで便利に気軽に海に出かけましょう。

2018年流行の色は

気になる今年の水着の流行色は

デザインだけでなく、色もその年によって流行が変わる水着。
流行に左右されない色もありますが、その年の流行を把握できているとアレンジで個性も出しやすくなるでしょう。

まずはやはり、女性らしい色の定番のピンク。
ピンクといってもいろんなタイプのものがありますが、2018年に流行するのは淡いピンク。
やさしい色合いのピンクは、いろんなデザインと合わせやすいのも特徴です。



そしてやはり夏ならでは水着ならではの色も人気です。
大きな花柄が入ったものは夏の太陽の下で映えるのでしょう。



また草や木などのボタニカル柄は近年人気を上げてきています。



エスニック感のある色も、露出の高くなる水着姿の中にも大人らしさを出してくれます。


またパステルカラーよりも原色に近いビタミンカラーが流行のようです。
こちらはまさにはじける夏!といった感じ。

定番の色は流行に左右されない

流行に左右されない色というのももちろんあります。
それは黒や白といったところ。
黒は体全体が引き締まって見える色ですし、白は明るさや女性らしさを強調してくれます。
シンプルな色だけに、水着のデザインを引き立てるのも得意分野です。
定番だけにハズレもなく、男性ウケも間違いないでしょう。

また今年も引き続き流行を見せているのが、ビキニの上下を別で揃えるツートンカラー、バイカラーのもの。
色の組み合わせには個性も出しやすいですし、フレアタイプのものでデザインも織り交ぜるとその組み合わせは無限にあります。
目を引きやすい水着になるでしょう。


その年の流行には、色の他にデザインもあります。
それらを上手く組み合わせ、自分だけのものにしてしまいましょう。