今年の流行色、って一体なんだ

ファッション業界の流行色って

水着にかぎらずファッション業界でよく耳にする、「今年の流行色」。
違和感がある言葉ではないですが、そもそもなぜこれから先の流行がわかるのでしょう。
この夏は青の水着がよく流行った、去年の冬のニットは白が人気だった、ならわかるのですが、なぜこれから来る季節の流行りがわかるのか。

結論から言うと、流行色はわかるものではなく、水着にかぎらずファッション業界全体でそもそも決められているということです。
たしかにその流行色がファッションショーでも多く使われるということは、事前にわかっていないと準備ができません。
流行のカラーが決められそれを基に生地やデザインが決められ制作されていく、そして市場に出される状態になるまで約2年と言われています。
そのため流行とは言いますが、実は2年も前から決定されているのです。

誰がその流行色を決めるのか

ではその2年後の流行色はいったい誰が決めるのかということになりますが、「国際流行色委員会」という組織が決めています。
なんかすごく仰々しい名前ですが、日本をはじめ世界14ヶ国から参加しているので、実際にだいぶ仰々しい感じの組織です。

そこで決定された流行色が各国に持ち帰られ、日本では「流行色情報センター」が最後の決定をし、約1年半前から業界にそのことが出回り始めるようです。

準備のための2年間ということはわかりますが、そもそも流行色自体が必要あるのかということも気になります。
これに関しては、ファッション業界というよりかは経済全体に関わることになってきます。
新しい流行が決まることにより、それに向けて新しい生産と供給が生まれる、そして同じくその流行に対して消費と需要が生まれる、そのことで経済が活性化されるということになります。

仮に流行色がなくても新しい年になれば新作というのは出るでしょう。
特に水着は季節ものですからなおさらです。
ですがそこに今年の流行りのカラーは!の一言が入るだけで消費はグッと上がるはずです。

なので流行色というのはただ流行りを作る目的でなく、実はもっと大きな視点で動いているんですね。
今年2018年の流行色は、実は2年前の2016年には決められていたということですね。
国際流行色委員会、おそるべしですw

体型カバーができる水着(上半身)

体型に自信がなくてもやっぱり水着が着たい!

水着って露出が多くなる分、どうしても体型が気になります。
細くないと着られない、昔と比べて体形が崩れてしまったからもう無理だ、そう思っている方も少なからずいるのではないでしょうか。

そこで流行を問わず人気なのが、体型カバーが出来るタイプのもの。
特に人気なのが、ウエスト周りや脚やお尻周りなどをカバーしてくれるタイプのものです。
水着を着られる夏はほんの数ヶ月しかありません。
その間に思いきり輝けるように、上手く味方につけていきましょう。

体型カバー出来るものにはどんなものがあるのか?

体型カバーといっても人によって求めるものは様々です。
胸を大きく見せたい、控えめに見せたい。
二の腕やぽっこりお腹や脚が気になる。
お尻を小さく見せたい。
どこをカバーしたいかによって選ぶべき水着は変わってきますので、あなたの体型に合うものを選んでいきましょう。

二の腕のカバーならオフショルで決まり!
ふわふわしたフレアで二の腕部分を覆ってくれるオフショルタイプは、二の腕カバーのスペシャリストです。
しかもフレアが可愛くなびいて女性らしさを演出。
気になる部分をカバーするだけでなく、武器にまで変えてくれる心強い味方です。


小胸さんバンドゥビキニを!
水着を着る上で大きなアドバンテージになるのが、やはり胸の大きさです。
しっかりとしたおっぱいはもうそれだけで十分な武器になるでしょう。
でも胸の大きさに自信が持てないと思っている人でも大丈夫!
それをフォローしてくれる優秀な水着だってあります。

それがバンドゥ・チューブタイプのもの。
このタイプは肩紐がない分(最近はあるものも多いです)、胸回りのみで胸を支えなければいけません。
それゆえ自然と胸全体が真ん中に寄せられるようなっています。
だから谷間も自然と出来ますし、引き締まった感じが好印象を与えることができます。

バンドゥまではちょっと、という方には、フレアが付いているものやデザインが入っているものがオススメ。
風になびくフレアは可愛さを演出し、目線を水着に向けてくれることで気になる胸をカバーできます。

胸を控えめに見せたい人はまずホルターネックから
胸が大きな人だってもちろん悩むことはあります。
なによりも物理的な安心感が必要です。
そういう点からもホルターネックのタイプは鉄板です。
ここで注意したいのは、首にかける部分ひもの部分が太めのしっかりしたものを選ぶこと。
これにより安定感が増し、胸全体を包み込んでくれることからほどよい感じに魅せてくれます。


また胸が大きな人は、上下セットではなく別々に買うほうがオススメという意見も多いようです。
上に合わせるとしたがぶかぶか、下に合わせると上がきつきつということがあるようですね。
ネットではほとんどが上下セットなので、気になる方は実際に店舗に脚を運ぶほうがよさそうです。

今回はみんなの気になる体型カバーの中でも、上半身をピックアップしてみました。
参考になりましたでしょうか。
また男女問わ全身の体型カバーを得意としているラッシュガードについては、こちらで紹介しています。
次はお腹周りから下のことを書いていきたいと思います。

2018年の水着の流行は

2018年のトレンドをチェックしよう

毎年流行が変わる水着ですが、今年2018年の夏の流行りは何なのか。
個性も出すにも、やはりトレンドは押さえておきたいところです。
トレンドの要素を入れつつ自分のアレンジを加えていくことができれば、オシャレ上級者でビーチでも一目置かれることでしょう。
では今年の流行を見ていきましょう!

●ワンショルダー
こちらは2017年から引き続き流行になりそうです。
もともとデザインそのものが個性的ですし、ビキニでもワンピースもセクシーさをしっかりと演出してくれます。


●バックシャンスタイル
こちらは文字通り、背中に重きを置いたタイプのもの。
前から見たらシンプルだけど、後ろを見るとつい二度見してしまうかも。
見返り美人を狙える二度おいしいタイプです。


●オフショル
こちらも2017年に続き人気の兆し。
二の腕カバーといえばこのタイプでしょう。
それいて肩を見せることでセクシーさも醸し出してくれる一石二鳥なタイプです。


●カットアウト
水着自体に切れ込みを入れることでデザインとしているタイプのものです。
本来なら覆われている部分が露出するため、目を引くこと間違いなし。
また視線をその部分に向けられることから、意外と体系カバーもお手の物。
水着全体でラインを作り上げるため、体のラインをきれいに魅せてくれます。

●アンダークロス
カップの下の部分がクロスになっているタイプ。
腰の上の部分で斜めになるため、ウエストをすっきりと見せてくれます。
モノトーンの水着でも、このクロスひとつでグッと大人な印象にしてくれますね。


現在注目されている2018年に流行するであろう水着はこんなとこでしょうか。
また流行色というのも別でありますので、それはこちらを参考に。
この中にあなただけのアレンジを加え、狙った獲物をゲットしちゃいましょう。


水着の三愛

水着といえば三愛

三愛イメージガールなど、水着業界の中でもその地位を築いてきた三愛。
プリンターなどのOA機器で知られるリコーの創業者の市村氏が、日用品などの販売として創業した三愛商事が始まりです。
そこから婦人服や水着の販売と広げていき、水着のセレクトショップである三愛水着楽園へと大きくなっていきました。

そして現在、この事業は大手下着メーカーのワコールに売却され、ワコールの子会社である株式会社Aiによって運営されています。
今年2018年の5月からは、三愛水着楽園から「San-ai Resort」へとリブランディングし、水着と旅をコンセプトに展開していくようです。

ワコールはこれまで機能性水着を重視し、三愛などが得意としてきたファッション性のものはあまり重要視していなかったようです。
三愛の事業を手中に収めたことにより、これまで手薄だったところにも手を伸ばせるようになりました。
アジアや海外を中心に販路を拡大していくとのことで、この夏もまた注目が集まります。

歴代三愛イメージガールといえば

そして三愛といえば、三愛イメージガールが有名です。
山本梓や木下優樹菜や菜々緒などを輩出しており、ワコールに事業が移ってからも継続されています。
2018年のイメージガールは、長い黒髪が印象的な現役女子高生の黒木麗奈さん。
ここをきっかけに、大きく羽ばたいていくことに期待がかかりますね。

水着は1年のうちでもほんの数ヶ月、少なければ数回しか着る機会がありません。
ですが三愛だけでも40億円近い市場にしてきました。
短い期間だからこそ凝縮した結果が出る水着業界。
この夏も海にプールに、思いきり水着で楽しみたいですね。
三愛水着楽園

水着の種類にはどんなタイプのものがあるのか

水着ってどんな種類があるのか

毎年トレンドが変わっていくし、毎年新しいのがほしくなる。
一言に水着といってもその種類は様々です。
どんなタイプのものがあって自分には合うのか、何を基準に選べばいいのか。
もちろん迷いながら選ぶのも楽しいですが、ある程度は戦略も立てておきたいもの。

水着の種類ですが、かなり大きく分けると「ビキニ」タイプと「ワンピース」タイプの2つです。
これらをレジャー用と前提を付けると、「競泳用」や「スクール水着」というのはまた別ジャンルになります。
また今では定番になっていますが、「ラッシュガード」も別の種類とすることができるでしょうか。

違う視点から見てみると、ビキニとセットで使われるエレガントな印象が特徴の「パレオ」は、それだけで固有のジャンルともいえるかもしれません。


そして首元をスッキリ見せる「ハイネック」、首の後ろでくくる「ホルターネック」、肩紐が片方だけの「ワンショルダー」のタイプは、ビキニにもワンピースにもあります。


デザインや色使いはもちろん、とにかく無限に種類のある水着。
ですが自分の好みを前提とし、あとは相性や何を基準に選ぶかを把握できれば、意外に絞り込めるかも。
夏に向けて、最高の1枚(といわず2枚3枚w)を探していきましょう。

まず大分類で「ビキニ」タイプですが、これはトップとボトムが分かれているタイプのもの。
夏の海やプールだけでなく、テレビやグラビアアイドルの写真集など、もっとも多く見かけるタイプのものです。
そして分かれていないタイプのものが、文字通り「ワンピース」タイプになります。

また前から見るとワンピースで、後ろから見るとビキニになっている「モノキニ」と呼ばれるタイプのものもあります。
前と後ろのギャップが印象的なタイプになっています。

ビキニってどんなのがあるの?

ではビキニの種類について見ていきましょう。
詳細な分類については主観により変わることもありますので、参考のひとつとして捉えてください。

●三角ビキニ
これぞもっとも定番のザ・ビキニ。
トップの部分が三角形になっていて、胸元をきれいに魅せてくれます。
ほんとの三角形になっているタイプもありますが、日本で販売されているものはもう少し控えめなものが一般的。
定番だけに間違いのないタイプになるでしょう。

●バンドゥービキニ、チューブトップ
こちらも定番のひとつで、肩紐がないタイプのものです。
必然的に胸元がサイドから寄せられるため、胸のボリュームによらずセクシーさを演出してくれます。

●オフショルビキニ
肩幅や二の腕をカバーするのにすぐれたタイプのものです。
トップにフリルなどをあしらっているものが多く、そのボリュームにより肩を華奢に見せて、女性らしさを演出することができます。

●ビスチェ
トップの丈が長いのが特徴で、その分オシャレに決めることができます。
また上半身を覆う面積が多いため、ウエスト部分の体系カバーにすぐれています。

●ハイウエスト
ビスチェがトップの丈が長いのに対し、このタイプはボトムが上に長くなっています。
言わずもがな、ウエスト部分のカバーに力を発揮してくれます。

●タンキニ
タンクトップ+ビキニのハイブリッドです。
組み合わせは自由なので、ボトムをパンツタイプのものや少し長めのものにもできますし、トップをキャミソールのような長めのものにすることもできます。
近年要注目になっており、その最大の理由は体系カバーなんだとか。
体を覆う面積が広くなるので、それを実現してくれます。

先に挙げた「ホルターネック」や「ワンショルダー」は、主にビキニタイプに多く用いられるデザインです。
中でもホルターネックはトップと一体型になっているものが多く、リボンのように結べるのでかわいらしさが演出できます。



ビキニのタイプはざっくりとこんな感じでしょうか。

ワンピースは、タイプというよりはデザインの違いになる感じでしょうか。
背中の部分を大胆に開けたものや、ウエスト部分をサイドから削り取ったようなカットアウトのものなどがあります。
ビキニほど種類は多くありませんが、その分個性を出すことができます。
そして体系の全体をカバーしてくれるという点でももちろん優秀。
逆に体のラインがはっきり出るタイプは、細身の人にもとても似合います。

また最近は「ラッシュガード」もよく見かけますね。
体系カバーはもちろんのこと、日焼け対策やクラゲ対策としてとても実用的です。

もっと細かく分けられると思いますが、ざっくりとこんな感じでしょうか。
参考にしていただければと思います。

2018年のトレンドはこちら!!