TGC公式の通販サイトetc..

東京ガールズコレクションの公式通販サイト

若者向けのファッションイベントとして人気の東京ガールズコレクション。
現在は東京以外の都市でも行われ、年2回開催されています。
2018年の2回目は、10月6日に北九州で開催されます。

そのTGCをテーマにした公式通販サイト「SHOP LIST」。
主にレディースのファッションアイテムを多く扱っていて、人気のものから最新のものまで多数取り揃えています。
ショップリストなら最新の水着からお気に入りのものも見つかるでしょう。

CROOZ

日本最大級のリゾート水着ショップ

ママ向けやフィットネス水着を多く扱う「バケスタ」。
最新のものはもちろん、旧作のものもお得に販売しています。
タイプ別やシーン別からも選べるようになっており、お気に入りの水着に早く出会えそうです。

VacaSta

毎日更新の通販ショップ

毎日新作をアップデートしている「ディーホリック」。
毎日更新だとほんとの新作の情報をゲットできます。
また新作は常に10%オフになっているのも魅力。
プチプラコーデで安くかわいい水着も手に入れられそうです。

いくつか水着通販サイトをピックアップしてみたので、ぜひチェックしてみてください!

水着は海のドレス

水着は海で着るドレス

水着のショップというといろんなところがありますが、しっかりとしたコンセプトを持っているところってそう多くはありません。
「SEA DRESS」では、文字通り水着を海のドレスとしてとられ、多くの商品を扱っています。
一年のうちでもほんの数ヶ月だからこそ、しっかりとしたものでいい思い出を残したい。
「SEA DRESS」にはそういうコンセプトがあります。

体型カバーやシーンなども網羅

一言に水着といっても、それを着るシーンは実に様々です。
恋人と海に行く場合と、家族でファミリープールに行く場合とでは、その装いも変わってくるでしょう。
年代や体型カバーなどのお悩みでも変わってきますし、最近では夏フェスをビキニで過ごすことも広まっています。
シードレスでは水着そのものだけでなく、シーンも含めたうえでの提供をしています。

これだけこだわっていて、ロープライスなのも魅力です。
これだとシーンに応じていくつか揃えることも十分にできます。
かわいくオシャレにこの夏も水着を楽しみましょう。

水着の頼もしい相棒

気になる胸のカバーに

流行を問わず人気の水着、それが体型カバーが出来るものです。
体型カバーというと、気になる部分を隠すイメージですが、隠さずに見せたいというのも体型カバーのひとつです。

それが胸。
露出の高い水着を着るからこそ、やはり胸はしっかり盛りたいというところでしょう。

水着の内から盛る

胸のボリュームに自信がない人でも、それに応じた水着を選べばけっこうカバーはできます。
ですがそれよりさらに効果的に胸を盛ることが出来るアイテムがありますね。
それが「ヌーブラ」です。
水着に特化した「ヌーブラビーチ」は、まさに水着の必需品ともいえるでしょう。

ヌーブラがあれば水着も選び放題

胸のボリュームが自信がないからと水着の種類を妥協していた方もいるかもしれません。
ですがヌーブラという心強い味方があれば、自分の好きな水着を選ぶことだってできてしまいます。
気になる人はまずヌーブラをチェックしましょう。

アクティブな女性に

かわいいだけが女の子の魅力じゃない

水着というと、多くがかわいさ重視のものとなっています。
ですが、アクティブにもっと楽しみたい!
そんな女性も多いでしょう。
開放的になる季節、かわいさアピールも大事ですが、思いきりアクティブに楽しむ姿だって相当に魅力的です。

女の子のためのビーチウェア

カリフォルニア生まれのブランドである「ROXY」は、アクティブにビーチカルチャーを楽しむ女性のためのブランドです。
動きを損なわない機能性、その中にもしっかりと女性らしさを盛り込んだデザインは、海はもちろんタウンユースとしても十分に通用するレベルです。

かわいいだけでは満足できない。
スポーティーすぎても満足できない。
そんなわがままの両方を叶えてくれるのが「ロキシー」です。

水着からあふれ出るアクティブ感は、ビーチでも目立つこと間違いなし。
周りと差をつけて、思いきり夏を楽しみましょう♪

体型カバーができる水着(下半身)

気になるお腹から下をカバー

前回、上半身の体型カバーについて書きましたが今回は下半身、お腹周りから下についてです。
また男女問わ全身の体型カバーを得意としているラッシュガードについては、こちらで紹介しています。

お腹周りというと、多くの人が気になる場所です。
モデルさんでもないかぎり、自分の体型に自信がある、気にならない、という人はほとんどいないと思います。
なのでお腹周りから下の体型カバーを得意としている水着も多くありますので、チェックしていきましょう。

ハイウエスト2018年のトレンド
体型カバーでありながら、ちゃんとかわいくしかも流行。
そんないいことだらけなのがハイウエストタイプです。


●オシャレにタンキニでカバー
タンクトップとビキニのタンキニも、もちろん体型カバーはお手の物。
同じく今年の流行で、カバー&オシャレです。


脚から下をカバー

上半身の体型カバーのスペシャリストがラッシュガードなのに対し、下半身カバーはやはりパレオの独壇場です。
体型カバーをおいても人気が高く、その優雅さは目を引くこと間違いなし。
またアレンジとしてストールやワンピースのようにも使えるので、下半身の体型カバーだけではない上級オシャレアイテムになっています。


ワンピースは注意が必要

一見体型カバーが得意そうなワンピースですが、実は注意が必要です。
それは、身体がフィットしすぎるものを選ばないということです。
ワンピースは露出が少なくなりますが、その分体のラインは出やすくなります。
くびれがある人には強い味方ですが、意外に体型カバーは得意ではありません。

でも大丈夫です、体型カバーが出来るワンピースだってあるんです。
ひとつはカットアウトのデザインになっているもの。
視線をそこに向けさせたり、生地のラインで体の線をうまくごまかすことが出来ます。

またロングワンピースマキシワンピースは、パレオとならんで体型カバーはお手の物。
そのまま近くのコンビニとかに行くにも便利ですね。


体型カバーとオシャレは余裕で両立

体型カバーときくと、かわいくない、ダサい、というイメージが昔はあったかもしれません。
ですが今はそんなことありません。
かわいくオシャレに体型カバーが出来てしまいます。
自分に合ったタイプのものを選んでいきましょう。

また水着の季節に合わせてちょっとしたケアも人気になっています。
運動やダイエットをする時間や気力もないけれど、という方には着圧ソックスがオススメです。
寝ている間に履くだけ、他には何もする必要はありません。
オシャレは我慢なんていいますが、これなら我慢もせずに理想の脚に近づけるかもしれませんね♪

体型カバーの救世主

男女問わずに人気です

今やずいぶんと浸透してきたラッシュガード。
海でもプールでも、そして男女問わず人気になっています。
日焼けやケガの防止、また海ではクラゲなどからも身を守ってくれます。

ただ人気になっている一番の理由は、これまた男女問わずに体型カバー。
特に近年、中高年の男性にも浸透してきて、まさに老若男女で使われるようになりました。


男性用の水着というと基本はパンツのみなので、上半身をカバーしてくれるタイプではありません。
昔はTシャツなどを着ている人も多かったですが、それだと水にぬれると重くなるし、いかにも隠しています感が出てしまいます。
その点ラッシュガードはひとつの水着アイテムとして使えるので、男性でも違和感なく体型カバーが出来る優れものです。

日焼け防止と体型カバー

若いうちは小麦色に焼けた肌も、歳が進むにつれて赤くなるようになってきます。
あとが大変ですから海にかぎらずやはり日焼け対策はしておきたいところです。
そこでラッシュガードは日焼け対策としても抜群の威力を発揮します。
それでいて風はしっかり通してくれるので、夏の必須アイテムともいえるでしょう。


またデザインや色合いから、体型カバーだけでなく体型をよく見せてくれる効果も期待できます。
日焼け防止と体型カバーができるラッシュガードは、これからまだまだ浸透していくことでしょう。

男性はやはりサーフ系で

ラッシュガードにかぎらず、水着の市場は女性用が圧倒的に多いです。
種類もデザインも、男性用はおまけ程度といったところ。
なので男性用ラッシュガードはそこまで数が多くありません。
あまりないからといってとりあえずあるやつ、としてしまうと外してしまう可能性も。

やっぱりそこはしっかりとしたところで揃えましょう。
やはり鉄板はサーフ系のメーカー。
サーフ系メーカーのアイテムは女性ウケもいいようなので大丈夫かと思います。


↑QUIKSILVERのラッシュガード↑

体型に自信がなくても夏は楽しめます。
ラッシュガードという救世主を味方に、今年を夏を楽しみましょう。

オニール(O'NEILL)公式通販 | オニールオンラインストア

激安水着の通販

水着だって何枚あってもいい

かわいい水着を見つけたけれど、かわいいのってやっぱり高い。
一年のうち数回しか着なくても、せっかくの夏だから気分によって着回したい。
でも安い水着って人とかぶりやすいし敬遠しがち。
結局は1枚しか用意できなかった、という方も多いと思います。

そこでオススメなのが、レディース水着の激安通販「水着のキララ」です。
文字通り激安をうたっており、体型カバーが得意な3点セットでも3,000円ちょいで揃えられる商品も多数。
これだと2枚3枚と買って、ローテーションが出来ますね。


安くても人とかぶらない!

そしてこの水着のキララが特徴的なのは、その仕入れルートが独自のものということ。
3,000点以上揃えていますし、安いのに人とかぶることなんてほとんどありません。
むしろそのめずらしさが相まって、値段以上の輝きを演出してくれるでしょう。
これはなかなか心強いです。

またパッド挿入可能水着には、もれなく水着用パッドが付いてくるというサービスも魅力。
もちろんヌーブラタイプのものも売っていますので、ここぞというときの秘密兵器として持っておくこともできます。

かわいい水着も安く揃えられるなら、それにこしたことはありません。
大きなショップのものは見飽きた、あまり知られていないめずらしいものがほしい、水着だって何枚かほしい。
そんなあなたはぜひ、「水着のキララ」をチェックしてみてください。


体型カバーができる水着(上半身)

体型に自信がなくてもやっぱり水着が着たい!

水着って露出が多くなる分、どうしても体型が気になります。
細くないと着られない、昔と比べて体形が崩れてしまったからもう無理だ、そう思っている方も少なからずいるのではないでしょうか。

そこで流行を問わず人気なのが、体型カバーが出来るタイプのもの。
特に人気なのが、ウエスト周りや脚やお尻周りなどをカバーしてくれるタイプのものです。
水着を着られる夏はほんの数ヶ月しかありません。
その間に思いきり輝けるように、上手く味方につけていきましょう。

体型カバー出来るものにはどんなものがあるのか?

体型カバーといっても人によって求めるものは様々です。
胸を大きく見せたい、控えめに見せたい。
二の腕やぽっこりお腹や脚が気になる。
お尻を小さく見せたい。
どこをカバーしたいかによって選ぶべき水着は変わってきますので、あなたの体型に合うものを選んでいきましょう。

二の腕のカバーならオフショルで決まり!
ふわふわしたフレアで二の腕部分を覆ってくれるオフショルタイプは、二の腕カバーのスペシャリストです。
しかもフレアが可愛くなびいて女性らしさを演出。
気になる部分をカバーするだけでなく、武器にまで変えてくれる心強い味方です。


小胸さんバンドゥビキニを!
水着を着る上で大きなアドバンテージになるのが、やはり胸の大きさです。
しっかりとしたおっぱいはもうそれだけで十分な武器になるでしょう。
でも胸の大きさに自信が持てないと思っている人でも大丈夫!
それをフォローしてくれる優秀な水着だってあります。

それがバンドゥ・チューブタイプのもの。
このタイプは肩紐がない分(最近はあるものも多いです)、胸回りのみで胸を支えなければいけません。
それゆえ自然と胸全体が真ん中に寄せられるようなっています。
だから谷間も自然と出来ますし、引き締まった感じが好印象を与えることができます。

バンドゥまではちょっと、という方には、フレアが付いているものやデザインが入っているものがオススメ。
風になびくフレアは可愛さを演出し、目線を水着に向けてくれることで気になる胸をカバーできます。

胸を控えめに見せたい人はまずホルターネックから
胸が大きな人だってもちろん悩むことはあります。
なによりも物理的な安心感が必要です。
そういう点からもホルターネックのタイプは鉄板です。
ここで注意したいのは、首にかける部分ひもの部分が太めのしっかりしたものを選ぶこと。
これにより安定感が増し、胸全体を包み込んでくれることからほどよい感じに魅せてくれます。


また胸が大きな人は、上下セットではなく別々に買うほうがオススメという意見も多いようです。
上に合わせるとしたがぶかぶか、下に合わせると上がきつきつということがあるようですね。
ネットではほとんどが上下セットなので、気になる方は実際に店舗に脚を運ぶほうがよさそうです。

今回はみんなの気になる体型カバーの中でも、上半身をピックアップしてみました。
参考になりましたでしょうか。
また男女問わ全身の体型カバーを得意としているラッシュガードについては、こちらで紹介しています。
次はお腹周りから下のことを書いていきたいと思います。

水着の種類にはどんなタイプのものがあるのか

水着ってどんな種類があるのか

毎年トレンドが変わっていくし、毎年新しいのがほしくなる。
一言に水着といってもその種類は様々です。
どんなタイプのものがあって自分には合うのか、何を基準に選べばいいのか。
もちろん迷いながら選ぶのも楽しいですが、ある程度は戦略も立てておきたいもの。

水着の種類ですが、かなり大きく分けると「ビキニ」タイプと「ワンピース」タイプの2つです。
これらをレジャー用と前提を付けると、「競泳用」や「スクール水着」というのはまた別ジャンルになります。
また今では定番になっていますが、「ラッシュガード」も別の種類とすることができるでしょうか。

違う視点から見てみると、ビキニとセットで使われるエレガントな印象が特徴の「パレオ」は、それだけで固有のジャンルともいえるかもしれません。


そして首元をスッキリ見せる「ハイネック」、首の後ろでくくる「ホルターネック」、肩紐が片方だけの「ワンショルダー」のタイプは、ビキニにもワンピースにもあります。


デザインや色使いはもちろん、とにかく無限に種類のある水着。
ですが自分の好みを前提とし、あとは相性や何を基準に選ぶかを把握できれば、意外に絞り込めるかも。
夏に向けて、最高の1枚(といわず2枚3枚w)を探していきましょう。

まず大分類で「ビキニ」タイプですが、これはトップとボトムが分かれているタイプのもの。
夏の海やプールだけでなく、テレビやグラビアアイドルの写真集など、もっとも多く見かけるタイプのものです。
そして分かれていないタイプのものが、文字通り「ワンピース」タイプになります。

また前から見るとワンピースで、後ろから見るとビキニになっている「モノキニ」と呼ばれるタイプのものもあります。
前と後ろのギャップが印象的なタイプになっています。

ビキニってどんなのがあるの?

ではビキニの種類について見ていきましょう。
詳細な分類については主観により変わることもありますので、参考のひとつとして捉えてください。

●三角ビキニ
これぞもっとも定番のザ・ビキニ。
トップの部分が三角形になっていて、胸元をきれいに魅せてくれます。
ほんとの三角形になっているタイプもありますが、日本で販売されているものはもう少し控えめなものが一般的。
定番だけに間違いのないタイプになるでしょう。

●バンドゥービキニ、チューブトップ
こちらも定番のひとつで、肩紐がないタイプのものです。
必然的に胸元がサイドから寄せられるため、胸のボリュームによらずセクシーさを演出してくれます。

●オフショルビキニ
肩幅や二の腕をカバーするのにすぐれたタイプのものです。
トップにフリルなどをあしらっているものが多く、そのボリュームにより肩を華奢に見せて、女性らしさを演出することができます。

●ビスチェ
トップの丈が長いのが特徴で、その分オシャレに決めることができます。
また上半身を覆う面積が多いため、ウエスト部分の体系カバーにすぐれています。

●ハイウエスト
ビスチェがトップの丈が長いのに対し、このタイプはボトムが上に長くなっています。
言わずもがな、ウエスト部分のカバーに力を発揮してくれます。

●タンキニ
タンクトップ+ビキニのハイブリッドです。
組み合わせは自由なので、ボトムをパンツタイプのものや少し長めのものにもできますし、トップをキャミソールのような長めのものにすることもできます。
近年要注目になっており、その最大の理由は体系カバーなんだとか。
体を覆う面積が広くなるので、それを実現してくれます。

先に挙げた「ホルターネック」や「ワンショルダー」は、主にビキニタイプに多く用いられるデザインです。
中でもホルターネックはトップと一体型になっているものが多く、リボンのように結べるのでかわいらしさが演出できます。



ビキニのタイプはざっくりとこんな感じでしょうか。

ワンピースは、タイプというよりはデザインの違いになる感じでしょうか。
背中の部分を大胆に開けたものや、ウエスト部分をサイドから削り取ったようなカットアウトのものなどがあります。
ビキニほど種類は多くありませんが、その分個性を出すことができます。
そして体系の全体をカバーしてくれるという点でももちろん優秀。
逆に体のラインがはっきり出るタイプは、細身の人にもとても似合います。

また最近は「ラッシュガード」もよく見かけますね。
体系カバーはもちろんのこと、日焼け対策やクラゲ対策としてとても実用的です。

もっと細かく分けられると思いますが、ざっくりとこんな感じでしょうか。
参考にしていただければと思います。

2018年のトレンドはこちら!!