夏といえばリゾートバイト

夏は出会いの季節

一年のうちで出会いが多くある季節、まずはやはり春でしょう。
新年度になり、新天地で新生活が始まる人も多いでしょうし、特に進学する学生さんにとっては一大イベントです。

そんな春に次いで出会いの季節といえば、やはり夏です。
気温とともに開放的な気分にもなりますし、新生活にも慣れて一段落する時期でもあります。
また夏休みになるとまとまった休みも取れますし、何かと動きやすくなるでしょう。

リゾートバイトは究極のバイト

そんな夏に人気になるのが、リゾートバイトです。
全国の観光地やレジャー施設など、多くの人が訪れるところを中心に募集しています。
もちろん冬のスキー場などもありますが、なにかとアクティブになる夏が人気が高いですね。

また基本は寮が完備されていて、光熱費や水道代などもかからないところが多いです。
生活にかかるのは毎日の食事ぐらいで、これもバイト先によってはまかないという形で食べられる場合もあります。
つまり、稼いだお金はそのまま貯金したりそのリゾート地での遊びに使ったり、いつもの生活圏でのバイトとはまったく変わってくるのです。


↑初めてのリゾートバイト↑

出会いや貴重な経験ができる

そんなリゾートバイトの魅力は、もちろんお金や遊びの面だけではありません。
普通に生活をしていても絶対にできない貴重な経験が出来ることが多々あります。

まずは出会い、寮ということで生活環境がみんな近いので打ち解けるのも早くなります。
また同じ波長の近い世代の人が集まるわけですから、当然仲良くなりやすいですね。
リゾバで出会って親友になった恋人ができたというのはよくあります。

またお客さんとの出会いも貴重な経験になります。
リゾート地ということで海外からの人も多くくるわけですから、英語などの語学力を磨くことが出来ます。
またそこで仲良くなって、海外旅行の際にその人を訪ねるというステキな経験もできます。


↑出会いが多いリゾートバイト↑

リゾートバイトは後にもつながる

またリゾートバイトというと、その時だけのものに思われがちですが、実はその後にもつながることが多いです。
海外からのお客さんと出会うことでその国に興味を持ち、留学やワーキングホリデーに行くこともあるといいます。
それを前提として、外国人観光客が集まるところを選ぶこともできます。
普段とはまったく違う経験をできるわけですし、意識していない人もチャレンジしてみたくなるかもしれません。


↑リゾートバイト、その先へ↑

夏を思いきり楽しみたい学生さん。
今しかできない貴重な経験を、リゾートバイトでやってみるというのはオススメです。

クリームによるムダ毛処理まとめ

自分でできる即効性のあるムダ毛処理

水着を着るときに気になるムダ毛。
夏は水着でなくとも薄着になりますし、気になっているかたも多いと思います。
脱毛も一般的になりましたが、すぐに効果は見えるものでもありません。
海に行くその日にしっかりとムダ毛がないツルツルの状態でいきたい、となると自分で対策をしなくてはいけません。

もっとも一般的な自己処理はかみそりによるものですが、一時的でもよりきれいに、となるとクリームがオススメです。
カミソリよりも仕上がりはきれいに見えますし、最近は美容成分が配合されているものを多くなっていますので、保湿なども同時にやってくれます。

値段でランキングを付けてみます

除毛クリームというと薬局などで市販のものも多くありますが、値段も成分もピンキリです。
イメージとしては、通販のみで取り扱っているほうが性能はよさそうな気はします。
そこでネット通販で取り扱っている、特に人気のものを、1本と単価ごとにランキングを付けてみます。
太字が1本あたりの価格になりますので、参考になればと思います。

●プリュム インバスリムーバー 80g
時短除毛でいつでもどこでも!
1本で1,500円+送料650円
2本以上で送料無料
5本以上で1本おまけ!

1,250円~2,150円/本
1,563円~2,688円/100g

プリュムインバスリムーバー

●プレミアム リムーバーミルク 150g
男女兼用、圧巻の除毛力!
1本で3,218円+送料540円(すべて税込み)
※月1本の定期便の場合、1本で2,895円
2本で6,436円+送料540円
3本セットで9,654円+送料540円、プラスおまけ1本!

2,549円~3,758円/本
1,699円~2,505円/100g



●ディー・レジーナ・エピ・プレミアム 150g
除毛+ボディークリーム!
1本で2,853円+送料700円
2本セットで5,383円+送料700円
3本セットで7,650円で送料無料
4本セットで9,973円で送料無料
5本セットで12,042円で送料無料

毎月お届け便か3本セット以上で、まつ毛美容液プレゼント

2,408円~3,553円/本
1,605円~2,369円/100g

●ケースベールリムーバー 120g
除毛しながらツルツルお肌に!
1本で2,980円+送料650円(本州)
2本セットで5,980円で送料無料
3本セットで8,940円で送料無料、プラスおまけで1本!

2,235円~3,630円/本
1,863円~3,025円/100g

●ヘアーリデューシングクリーム 140ml
脱毛大国トルコより、全世界でベストセラー!
1本で2,900円(初回のみ:通常4,800円)で送料無料

2,900円/本
2,071円/100ml

ヘアーリデューシングクリーム

●エピサラ 100g
10種類の植物エキス配合で、ほのかなラベンダーの香り!
1本で2,980円+送料630円(すべて税込み)
2本で5,960円で送料無料
3本セットで6,258円で送料無料

2,086円~3,610円/本
2,086円~3,610円/100g

●Moomo(ムーモ) 120g
高級シアバターでしっかり保湿!
トクトクコースで4ヶ月で4本で送料無料
1本目980円(初回のみ:通常6,600円)
2~4本目が各4,620円
5ヶ月目以降も特別価格

3,710円/本
3,092円/100g

●パイナップル豆乳除毛クリーム 100g
7種のハーブエキスで除毛しながらスキンケア!
1本で2,808円+送料765円(すべて税込み)

30日以内の全額返金保証付き

3,564円/本
3,564円/100g


100gあたりの最安値順に並べてみました。
ムダ毛処理に即効性のある除毛クリームで、思いきり夏を楽しみましょう。

お出かけの心強い味方

普段使いしないものは場所を取る

夏の水着などにかぎらず、普段使うものではないものって、保管などがけっこうめんどくさかったりします。
片づけるにも場所を取るし、水着や衣類となると虫食いなどにも気を遣います。

特に海やレジャーなど荷物が増える行楽シーズンでは、それらを運ぶためのものも必要。
車だったらとりあえず詰め込んでというのもできますが、目的地や宿泊先でおろすときに、それはそれで手間がかかる。
だからといって大きなキャリーケースまでとなるとおおげさだし、年数回使うかどうかのものをわざわざ買うのも、
しかも大きいから場所を取りますし、何かと敬遠しがちです。

季節行事のアイテムはレンタルする時代

そこで最近注目を集めているのが、年数回しか使わないものはレンタルするというものです。
もともとレンタカーというのはありますし、その時だけ借りて使うというのは何も特別な感覚ではありません。
余計なものは持たない、現代でいうecoや断捨離に通じるものがあります。

ハロウィン用バナー

これだと必要な時だけ使って返却、安く済みますし毎回違うものが使えるわけですから、新鮮な気持ちで準備するのももっと楽しくなるでしょう。
またスーツケースなどもそうですが、実際に使ってみないとその良しあしがわからないということもあるでしょうから、次回は違うタイプのものにしてみようということもできます。

自宅から手続きで手間いらず

dmm.comのこのレンタルサービス、手続きはすべて自宅ですることが可能です。
申し込みをすれば指定日の少し前にものが到着。
使ったあとは電話一本で引き取りに来てくれます。
もちろん送料は無料ですから、必要な経費も最低限のものになります。

またレンタルといっても、きっちりと洗浄・殺菌・メンテナンスが行われており、変なものが届くことはないようです。
そこで浮いた経費が現地での旅費に充てられますし、これはいいこと尽くしです。
海や旅行や、夏に向けて考えているかたはぜひ利用してみてください。

ハロウィン用バナー

夏フェスに向けての準備

水着で夏フェス

水着といえば海やプールで着るものですが、最近では夏フェスでも着る人が増えています。
ビスチェなどの水着っぽすぎないデザインのビキニも増えていますし、暑さ対策としても有効です。

そんな夏フェスですが、泊まりで何日間かかけてあるものも多く、その場合は会場内の敷地でテントで野営をして過ごします。
アウトドアも同時に楽しめるということでより人気になっています。

アウトドア用品の買取・売却専門店

アウトドアというとやはり夏が人気です。
最近は冬にやる冬キャンというのも流行っていますが、基本はやはり夏でしょう。

そんなアウトドアでの必須アイテムといえばテントです。
テントにかぎらず安いものではありませんので、新しいのに買い替えたいといってもなかなか気軽にはできません。
また特にシュラフは夏用の冬用ではまったくものが違いますので、新しく買い足す必要もあります。

そこで登場するのが、アウトドア用品専門の買取ショップ「マウンテンシティ」です。
関東と九州に実店舗を構えており、アウトドア用品に特化しています。
買取はもちろん全国が対象で、うれしい送料無料。
査定・買取申し込みをしたら段ボールにものを詰めて送るだけ。
玄関先まで配送業者が取りに来ていくれるというのもありがたいですね。

マウンテンシティ

専門店に任せるのが一番堅実

今はインターネットオークションやメルカリなど、個人でもいろいろとさばける時代になりました。
とはいえアウトドア用品となると、かなり市場が狭まります。
タイミングがよければいい値で売れるかもしれませんが、逆に思っていた値にいくまでに落札されてしまう可能性も。
市場が狭い分、やはり専門店に任せるのが確実な方法といえるでしょう。

しかも「マウンテンシティ」は送料無料ですから、落札後にかかる諸手続きが必要ありません。
当然トラブルというのも起こりにくく、仮に起こってもしっかり対応してくれます。

今あるものを新しいのに買い替えたい。
ずっと使っていないから売ってしまいたい。
でも高価なものだし普通のリサイクルショップに持ち込むのはちょっと。
自分でネットオークションで売るのはめんどくさい。

そんなかたはぜひ「マウンテンシティ」をチェックしてみてください。
新しいアウトドアライフが送れるキッカケになると思います。

マウンテンシティ

海開きの時期

だいたい7月中旬からスタート

台風5号が近づいてきているようですが、今年もそんな季節になりました。
あと1ヶ月もすればいよいよ海開き!夏の到来です!
そんな気になる海開きの時期を見ていきましょう♪

関西でも関東でも、多くの海は7月中旬に海開きをします。
7月になればするところもあるので、7月1日~7月15日、といったところがほとんどです。

その年の平均気温に影響を受けますので、ある程度の水温が連続して保てるようになれば海開きをします。
2018年は冬が長く春が短い印象でしたが、夏はしっかりと暑くなるようす。
毎年そんなふうに言っていますがw
来る夏に向けて、しっかりと準備をしていきましょう。

実は年中、海は開いている

海開きというと、それまでは海に入ってはいけないのかとなりますが、実際は年中いつでも海に入ることができます。
ただし海開きを宣言している期間以外は、特に管理がされていない期間ということになります。

例えば海の家や公衆トイレ、ライフセーバーや管理人、ビーチの清掃やクラゲやサメ対策のネットなどなど。
シーズンinしないとこれらがされていませんので、海開きに合わせてみんな海に行くんですね。
どんなに混んでいても、やっぱり海はそういうの全部ひっくるめて雰囲気ですからね♪

やっぱり車がオススメ

一部のビーチでは駅近なところもありますが、やはり基本は車があったほうが便利でしょう。
行く前や後の着替えなどにも使えますし、海で開放的になったあとには車のほうがなにかとリラックスもできます。
車を持っていない人も、レンタカーで便利に気軽に海に出かけましょう。

大阪の水着の通年ショップ

一年中選べる水着

水着といえばもちろん夏ですが、大阪には一年中水着を売っている水着専門店があります。
最近はLCCの台頭で海外旅行もかなり身近になりましたし、ハワイにもLCC路線が出来ています。
それゆえ、一年を通した水着ショップというのも成り立つのでしょう。

梅田と心斎橋の通年ショップ

大阪キタとミナミの中心部、梅田と心斎橋。
そこに店舗を構える「PEAK&PINE」は、一年をとおして水着を販売している水着ショップです。
世界中の流行にも敏感で、インポートものが多くあるのも特徴です。
ありそうでない、そんなアイテムが多く揃っています。

また公式ページでは、水着だけでなく様々なアイテムも紹介したり特集を組んだりしています。
気になるヌーブラでの胸の盛り方も動画で解説してくれています。

ハワイや沖縄など、場所の紹介もしているので夏の参考にできますね。

これからいよいよ水着のシーズンがやってきます。
一年中水着を取り扱う「PEAK&PINE」もチェックしてみてください。

水着の夏に向けての準備

水着、その前に

水着の季節になると、水着の他にも気になることが出てきます。
それが体型とムダ毛の処理。
体型もムダ毛もそうすぐには変えられませんが、せめて夏の間だけムダ毛だけでも!
ということは人は多いようです。

自宅でできる手軽なムダ毛処理というと、かみそりによる処理がほとんど。
一時的にムダ毛はなくなりますので、それなりの効果はあります。
ですが毎回処理しないといけませんし、黒ずみも気になるところです。
夏に向けて脱毛をする人が増えるのもそのためですね。

自宅でできる除毛・脱毛

自宅でできるムダ毛処理はかみそりの他にクリームがあります。
除毛クリーム・脱毛クリーム、呼び名はありますがものは同じです。
これらは髪の毛を融かしてふきとってしまうもので、かみそりよりはきれいな仕上がりになります。
また最近では美容成分も配合しているものも多くなっているので、ムダ毛処理をしながらお肌の美容もできるようになっています。


最近では男性の脱毛も増えてきていますし、除毛クリームは男女兼用で使えるのでオススメです。
基本的に男性のムダ毛も、女子ウケがいいのはほどほどまでというのが定説です。

水着と脱毛で夏はバッチリ

水着は夏限定になりますが、脱毛やムダ毛処理は一生のことになります。
気になっていはるけど、なかなか一歩が出ないというかたには、夏の水着というのはいいキッカケになるかと思います。
水着と脱毛で、最高のあなたを手に入れましょう!

脱毛について詳しく書いています♪

今年の流行色、って一体なんだ

ファッション業界の流行色って

水着にかぎらずファッション業界でよく耳にする、「今年の流行色」。
違和感がある言葉ではないですが、そもそもなぜこれから先の流行がわかるのでしょう。
この夏は青の水着がよく流行った、去年の冬のニットは白が人気だった、ならわかるのですが、なぜこれから来る季節の流行りがわかるのか。

結論から言うと、流行色はわかるものではなく、水着にかぎらずファッション業界全体でそもそも決められているということです。
たしかにその流行色がファッションショーでも多く使われるということは、事前にわかっていないと準備ができません。
流行のカラーが決められそれを基に生地やデザインが決められ制作されていく、そして市場に出される状態になるまで約2年と言われています。
そのため流行とは言いますが、実は2年も前から決定されているのです。

誰がその流行色を決めるのか

ではその2年後の流行色はいったい誰が決めるのかということになりますが、「国際流行色委員会」という組織が決めています。
なんかすごく仰々しい名前ですが、日本をはじめ世界14ヶ国から参加しているので、実際にだいぶ仰々しい感じの組織です。

そこで決定された流行色が各国に持ち帰られ、日本では「流行色情報センター」が最後の決定をし、約1年半前から業界にそのことが出回り始めるようです。

準備のための2年間ということはわかりますが、そもそも流行色自体が必要あるのかということも気になります。
これに関しては、ファッション業界というよりかは経済全体に関わることになってきます。
新しい流行が決まることにより、それに向けて新しい生産と供給が生まれる、そして同じくその流行に対して消費と需要が生まれる、そのことで経済が活性化されるということになります。

仮に流行色がなくても新しい年になれば新作というのは出るでしょう。
特に水着は季節ものですからなおさらです。
ですがそこに今年の流行りのカラーは!の一言が入るだけで消費はグッと上がるはずです。

なので流行色というのはただ流行りを作る目的でなく、実はもっと大きな視点で動いているんですね。
今年2018年の流行色は、実は2年前の2016年には決められていたということですね。
国際流行色委員会、おそるべしですw